患者さんに与える印象を医療関係者は考える

医療

患者さんに与える印象を医療関係者は考える

医療機関の窓口でも、最近は患者さんを呼ぶ際に、様をつけるところが多くなっています。
個人情報の観点から、お名前ではなく、番号で呼ぶところもあるようです。
さんづけ、様づけ、小さな町のお医者さんでは、よそよそしさが問題視され、さんづけを定着させているようです。
受付・会計窓口は、患者さんが病院に入って最初と最後に立ち寄る場所で、病院の顔です。
このポジションには、医療事務がいらっしゃいます。
対応によって、患者さんのその病院に対する印象も大きく変わります。
安心感を与えるのか、不愉快な思いや不安感を与えるのか、受付の対応にかかっています。
そのため、きめ細やかな心遣いが必要ですし、誰でも体の調子が悪い時には気分が落ち込みます。
明るい笑顔で対応したり、声のトーンも不安感を拭う大事な要素でしょう。
また、白衣やエプロンなどの色も、安心感を与えるように、淡いピンクやブルーが採用されています。
もちろん、医療関係者でなくとも、雇い入れる清掃作業員などにもブルーの作業着が定着していて、清潔さを大事にする医療機関ならではでしょう。

困難な症例でも対応可能な歯科クリニック

ジェネリック品の処方で薬代負担軽減

歯を残すことを考える歯科治療を久喜市の皆さまにご提案

口腔内の違和感、ご相談下さい

最新記事