患者さんとの橋渡し役となる人物

医療

患者さんとの橋渡し役となる人物

診療科の受付には、診察を受けるために患者さんがやってきます。
外来のクラークは、患者さんが提出する診察券を確認して、カルテやレントゲン写真など、診察に必要なデータを揃えて、患者さんの診察順に診察室の医師に届くようにしておくのがお仕事です。
診察までの順番待ちが長くなった患者さんがいるならば、それとなく様子を見ておき、万が一、容態の悪い患者さんがいれば、外来クラークはすぐに近くの医療スタッフに連絡をして対応してもらうようにします。
医師・看護師との緊密な連携は欠かせません。
受付にいても、常に各診察室と待合室の様子に注意を向けることを怠らない医療スタッフです。
患者さんが転院する場合などは、転院先への紹介状を医師に記入してもらって患者さんに渡したり、患者さんの勤務先や学校への診断書を作成する場合もあり、院外とのやりとりも少なくありません。
外来クラークといえば、医療スタッフが本来の医療行為に専念できるように、雑務を引き受けるだけの印象でしたが、診察がスムーズに進むように様々な人とカルテや書類の取り次ぎとなるものの間に入り、コントロールするスペシャリストなのです。